mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

結婚式のお呼ばれドレスはレンタルで!試着は可能?デメリットは?

      2017/04/18

結婚式に招待された時、女性の方が一番最初に思うのは「何着て行こう・・?」ではないでしょうか?
特に招待客がかぶる披露宴に何度も呼ばれると、同じ服で着まわすわけにもいかないし。。

そんな時に是非使いたいのがレンタルドレス!

レンタルドレスってどういう感じか分からないし大丈夫なの?と心配な方のために、実際に何度も借りたことがある管理人がレンタルドレスのメリットデメリットについてまとめました。

うまく使えばお財布も助かって、結婚式をおしゃれに彩ることもできますよ。絶対おすすめです!

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれドレスにレンタルが向いている理由とは?

結婚式のお呼ばれドレスにレンタルが向いている理由としては、まず以下のメリットがあげられます。

高価な服を安い値段で借りることができる
レンタルドレスのメリットはなんといっても、高価な服を安い値段で借りることができるのが一番ですね。
2泊3日のレンタルで、5,000円~10,000円が主流です。バッグや靴の小物も一緒にレンタルすることもできます。
今はレンタルの値段より安いドレスも確かに売っていますが、式に着て行って恥ずかしくない程度のドレス、となるとやはり数万円はしますので、借りたほうがお得です。

毎回違うデザインや色に挑戦することができる
買うとなるとどうしても着回しのしやすい黒を選んでしまいがちですが、レンタルであれば格式や会場に合わせて毎回違うデザインや色に挑戦することができますよ。

保管の手間が掛からない
パーティ用のドレスは普段使うものでもないので、クリーニングや保管の手間や費用がかからないのも、魅力です。

マタニティ用など、特殊なドレスも扱っている
妊娠中の方であれば、マタニティ用のパーティドレスは1度使うかどうか、というものなので絶対にレンタルしたほうが良いですね。

どのお店も、大体使用日の2か月前から予約を受け付けています。
かわいいドレスはすぐに予約が埋まってしまうので、2か月以上前から何点かチェックしておいて、2か月前になったらすぐ予約しましょう。

レンタルドレスは試着可能?

ドレスをレンタルするにあたって一番の心配事といえば、試着が出来ない、ということではないでしょうか。

実店舗が近くにある場合は試着に行けますが、遠方の場合やWebサービスのみのお店で借りる場合、実際届いてみて「に・・似合わない!!」「は・・入らない~!」ということがあったら困りますものね。

レンタルドレスは使用日の前々日(もしくは前日)に届き、そこから交換、などはできません。

ただ、実は有料で試着サービスを行っているところもあるのです。

ピピエダジュール

チェリーブロッサム

スポンサードリンク

また、予備のドレスが無料でレンタル可能、というお店もあります。
My Closet

管理人は、お金がもったいないのと面倒なので、多少サイズが違っても入るような洋服(ストレッチが効いている、ゆったり目のシルエットなど)を選ぶようにしていますが(笑)、やはり一度着てみないと怖い、という場合は、有料試着サービスを試されると安心ですね。

有料試着サービスはちょっと面倒だし・・という場合
おしゃれコンシャスさんなら、

なんと
2泊3日と同じ料金で6泊7日まで借りることが出来ます。

おしゃれコンシャス

当日よりずっと前に届くので、もし入らない!!となった場合などは別のドレスに変更することも可能・・と、いざと言うときも安心ですよ(その場合、新しいドレスのレンタル料金はかかります)

ドレスレンタルのデメリットは?

試着以外のドレスレンタルでのデメリットをあげました。

とはいえ、それぞれ気を付ければメリットのほうが大きいので、デメリットも把握・注意した上で利用しましょう。

新品ではない
まれに新品にあたることもありますが、大体中古です。
普通の業者であれば、ドレスの状態をちゃんと書いていますし、そもそも状態が悪いものは扱っていませんが、ちょっとでも誰かが着ていたものであれば嫌だ、という場合はレンタルせず買いましょう。

人気のドレスは早いもの勝ち
かわいいドレスはやはり競争率が高いです。
直前になって予約しようとすると、特にブライダルシーズンは全然選べない、ということも。
早め早めにチェックして、予約可能時期になったらすぐに予約しましょう。

使用日の翌日には返却が必要
ほとんどの業者は、使用日翌日に返却必須です。(業者によっては翌日午前まで、という場合も)
次にドレスを使う方もいます。翌日お昼まで寝ちゃって返しそびれちゃった、というわけにはいかないので、返却するまで気が抜けません。

あまり汚し過ぎたり破損すると、別料金がかかる
業者によってこのあたりは変わってきますので、必ず利用ガイドを確認しましょう。
汚した場合、自分で対処したりするとかえって料金がかかる場合もあるので、注意です。

まとめ

管理人は以前黒ドレスばかり着ていたのですが、レンタルドレスを使うようになって、毎回華やかに装えるようになりました。
合わせるアクセサリー、靴、バッグは毎回ほぼ同じものを使っていますが、ドレスが違うので全く印象が違いますよ。毎回服装は褒められます(服装だけ。笑)

以前は式の度にストールなど普段不要なものを買い替えていたのですが、そういうこともなくなったのでお金の面でも助かっています。
皆さんも、一度レンタルドレス、試してみてくださいね。

華やかに、と言っても、服装マナーは守りましょう^^
→女性の結婚式お呼ばれ時の服装マナー違反とは?小物のNG例や注意点をご紹介

スポンサードリンク

 - 結婚式 ,