mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

赤ちゃんにもお年玉は必要?相場は?代わりの品物だとマナー違反?

      2016/12/13

otoshidama2お正月に、親戚の赤ちゃんに会うあなた。

お正月で子供といえばお年玉ですが、でも「赤ちゃんにお年玉って必要なの・・?」と悩みませんか?

せめて1歳を超えていれば、かわいいポチ袋に喜んでくれたりもしますが、1歳未満の赤ちゃんであれば、お金のことはもちろんわからないし、袋も良くてびりびりに破られるだけ・・(笑)

今回は、そもそも赤ちゃんにお年玉は必須なのか?必要だとしたら相場はいくらなのか?現金以外のものを渡しても大丈夫なのか?など、赤ちゃんへのお年玉についてまとめました。

今年、親戚に赤ちゃんが産まれた方は是非参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんにもお年玉は必要?皆はいつから渡している?

そもそも、お年玉とは「新年のお祝いとして子供や使用人に贈る金品」の事を言います。
お祝いとして贈るものなので、何歳から何歳まであげないといけない、という明確なルールはありません。

ルールがないからこそ皆さん悩むのですが・・。

おじいちゃんおばあちゃんから孫へは、お年玉というより、赤ちゃんのものを買ってあげるように、という意味合いで0歳のうちから渡すのが現在はほとんどのようです。

ですが、甥っ子姪っ子であれば、0歳のうちは渡さないケースが多いです。
その前に出産祝いも贈っているはずですしね。
赤ちゃんのうちは渡さず、本人が袋を受け取れる1歳、もしくはお金の意味合いが少しは分かる3歳頃から渡すというという家が多いですよ。

ただ、赤ちゃんのうちからお年玉をあげるのが普通、という慣習の家もありますので、まずはご主人やお姑さんに、赤ちゃんにもお年玉をあげたほうが良いのかどうか、聞いてみましょう。

明確に教えてもらえない場合、もしくは不要と言われたけど、やっぱり心配、という場合は、以下の相場を参考にして、準備だけしておくと良いですね。

赤ちゃんへのお年玉の相場はいくら?

もし、赤ちゃんにもお年玉は必要だよ、と言われたとしても、いくら渡せば良いのか分からないですよね。

お年玉の一般的な相場は

年齢÷2×1000円

ですが、これだと0歳は0円ですね(笑)
実際、0歳の赤ちゃんにお年玉を渡す場合、金額は500円か1,000円という方がほとんどです。

小学校入学までは上限1,000円、というのが一般的ですよ。

赤ちゃんの場合、結局親に渡すからと言って高い金額を渡す方もいらっしゃるようですが、翌年からお年玉の金額を落とすのはあまりよろしくありませんので(明確なマナー違反ではないですが)、あくまで渡す子供の年齢にあった金額を渡すように心がけましょう。

あまり頑張り過ぎると、後々子供が増えた場合大変ですよ(笑)

スポンサードリンク

赤ちゃんへのお年玉はお金ではなく代わりのものでも良い?

赤ちゃんの場合、やっぱり実質親に渡すことになるのに、500円や1,000円だと恥ずかしいな・・と気になる場合は、現金ではなく代わりの品物を贈るのもおすすめです。

お年玉は「新年のお祝いとして子供や使用人に贈る金品」で、お金に限ったものではないので、マナー違反にも当たりません。

おもちゃや、読み聞かせに使えそうな絵本、靴下やレギンス、など、ちょっとしたものを赤ちゃんへのお年玉の代わりに、と渡すと喜ばれますよ。

お年玉はあくまで気持ち的なものでもあるので、金額はお年玉の相場と同程度のものでも全く問題ありません。

実際、赤ちゃんの親も少額であれば、現金より品物を頂いたほうが良いという方も多いです。

品物だと趣味が分からない、既にいっぱいおもちゃなど持っている、という場合は、ミルクや離乳食、かわいい使い捨てお手拭きなどの消えものが趣味も関係なくおすすめですよ。
100均の袋などで簡単にラッピングするだけでも充分です。

まとめ

悩む赤ちゃんへのお年玉ですが、まずはご自分の実家やご主人の実家が赤ちゃんにもお年玉をあげる習慣があるのかどうか確認して、必要な場合は慌てないよう先に準備しておきましょうね。

スポンサードリンク

 - お正月 , ,