mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

ランドセルはいつ購入する?選ぶ際のポイントや注意点をご紹介

      2017/01/14

来年小学校に入学する子供を持つママやパパにとって、入学準備は楽しみでもあり大変なものでもありますよね。
入学準備の中でも、最初に考えないといけないのがランドセル。

購入時期も毎年早まっており、今は素材だけでなく、デザインや機能も増えすぎて、何を選んでよいのか本当に悩んでしまいます。
6年間使うし非常に効果なものなので、管理人も本当に悩みました。

今回はランドセルを選ぶ時期やポイント・注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

ランドセルはいつ購入する?

以前は夏~年末頃に購入するのが主流でしたが、今は4月に入ったらすぐ選ぶ、という方もいらっしゃいますね。
デパートや大手メーカーなどは、ゴールデンウイーク頃には新商品を準備して店頭に並べ始め、遅いメーカーでも6月頃には新商品が出揃います。

手作りランドセルのメーカーは今非常に人気ですが、商品数が限られているので夏には売り切れることもあるようです。手作りメーカーが良いのであれば、新商品が出たらすぐに見に行きましょう。

それ以外のメーカーでも秋頃になると売り切れるモデルもあるようなので、こだわりがある場合は夏までに購入したほうがよさそうです。

ランドセルを選ぶ際のポイントは?

ランドセルを選ぶ際のポイントを以下にまとめました。

【素材・重さ】
現在の主流は、クラリーノ(人口皮革)と牛革です。
クラリーノは安く色が豊富で軽い。牛革は高くてが高級感がある、とそれぞれ特徴があります。詳しくはこちらにまとめましたので、合わせてみてください。
ランドセルの素材の違いは?クラリーノと牛革の長所短所と選び方は?

【補償】
今、大手のメーカーであれば大体どこでも6年補償がついていますが、気にしたいのはその内容です。
修理の際に代替品を貸してくれるのか。修理を依頼する際の送料はかかるのか。故意に破損した場合でも修理してもらえるのか、など。
細かい補償内容はメーカーによって違いますので、6年保証があるからいいか、ではなく、よく内容をみてくださいね。

スポンサードリンク

【中の広さ(収納力)】
・A4クリアファイルが入る
・A4フラットファイルが入る
同じA4でも、A4フラットファイルのほうがサイズが大きいです。
通う小学校でA4フラットファイルを使用する場合、A4クリアファイルが入る広さのランドセルを選んでしまうと、フラットファイルは少し曲げて入れることになってしまいますので注意してください。

【防水性】
ランドセル用の防水カバーもありますが、使うのに邪魔ですよね。
素材ではクラリーノが防水性に優れていますが、今は牛革も防水加工しているものもありますので、選ぶ際のポイントになります。
また、刺繍などが施されているランドセルは、刺繍の箇所から水がしみてくることもあるようです。

【耐久性】
特に男の子などは乱暴に扱うので、耐久性に優れているかどうかというところは大事なポイントです。

【安全性】
反射材がついているか、子供が使うのに危ない金具はないか、防犯ブザーを付ける場所はあるか、などにも気を付けましょう。

【背負いやすさ】
ほとんどのメーカーが背負いやすさを考えて作っていますが、必ず子供に背負わせてみて、あまりに子供の身体と合わないようでしたら避けたほうが良いでしょう。

【デザイン】
子供自身は、かわいい・かっこいいデザインを選びがちですが、ランドセルは6年間使うものです。あまり派手なデザインは途中で飽きてしまい使わなくなる可能性もあるので、6年間使う、ということを念頭に置いて選びましょう。

ランドセルを購入する際の注意点は?

ランドセル売り場に行くと、子供だけでなく親もテンションが上がってしまい、結局どれがいいのかよくわからなくなることが多々あります。
購入前には色々なメーカーを回って一度下見をし、写真を撮ったりカタログをもらい、家でゆっくり比べたほうが、条件や子供の希望に沿ったランドセルを選ぶことができますよ。

まとめ

6年間の小学生時代を一緒に過ごすランドセル。
ぜひ親も子供も満足するランドセルを見つけてくださいね!

他、小学校入学準備関連の記事はこちらにまとめていますので、合わせてご覧ください
保育園・幼稚園の記事まとめ(小学校入学関係)

スポンサードリンク

 - 入学・入園 ,