mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

冠婚葬祭用真珠の選び方!花珠じゃないとだめ?どこで買うのがおすすめ?

      2017/09/19

冠婚葬祭用真珠の選び方!花珠じゃないとだめ?どこで買うのがおすすめ?の画像

結婚したら必ず準備するもののひとつ。

それが冠婚葬祭用のパールネックレスとイヤリング・ピアスのセット。

でも、真珠って値段もピンキリだし、選ぶ基準もたくさんあってどこからどう選べば良いか分からないですよね。

出来れば品質の良い真珠を選びたいのはもちろんですが、全てにおいて良いもの、と選んでいくと、、大変なお値段になってしまうのが真珠。

予算内で良いものを買うには、優先するポイントを決めて、どこかを妥協して、、と選ぶ必要があります。

今回は、冠婚葬祭用のパールを買う際の選び方(選ぶ際の優先順位の付け方)や、おすすめの購入場所についてまとめました。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

冠婚葬祭用の真珠の選び方は?優先順位はどう付ける?

アクセサリーの中でも、真珠はその品質によって全然値段が違いますよね。

見ていくとだんだん良いものが欲しくなって、予算をあれよあれよとオーバーしてしまうのが真珠。

なので

真珠のネックレスを選ぶ際は、まず「予算」をはっきりさせましょう!

「このくらいの値段で返れば良いなぁーという予算」と
「絶対にこれ以上出せない!という上限予算」、両方決めておくと良いです。

最初から上限予算でネット検索したりお店で相談すると、大体それ以上の金額のものが気になったりおすすめされたりしますので注意しましょうね(汗)

真珠の選び方の一般的なポイントは、以下の6つです。

・形
・キズ
・色
・照り(輝き)
・巻き
・大きさ

もちろんどれも大事なポイントなのですが、全部においてグレードの高いもの、とすると数十万超えちゃうので(笑)予算内に押さえるためのおすすめ決め方をご紹介します。

① 大きさを決める

まず一番人の目に付くところですよね。

いくら他の品質が良くても、珠が小さいと冠婚葬祭用としては貧相に見えてしまいますので、まずは真珠の大きさを決めます。

冠婚葬祭用のパールの大きさは、

一般的に

7.5-8mm

が基本と言われています。

年齢が上がると大きめの方が上品に見えますので、
30代、特に40代以降の方であれば、その後長く使える8-8.5mmもおすすめですよ。

逆に20代の方や華奢な方であれば、8-8.5mmは大きすぎと感じるかもしれません。

パールネックレスは子供の入園入学・卒園卒業式などでも使えますので、若いのにあまり大きいものをつけるとちょっと目立つかもしれませんね。

ただ逆に、若い方によく似合う小さめの7.0-7.5mmだと、歳を取ると物足りなく感じて結局買い直す必要が出てくるかもしれません。

どの年代でも無難なのが「7.5-8mm」

年齢を重ねた時用に存在感のあるパールを買っておきたい、という場合は「8-8.5mm」がおすすめです。

② 色

真珠といっても、天然なので真っ白だけでなく、クリーム色、ピンク寄りの色、など、様々です。

好みもですが、肌の色によって似合う真珠の色もありますので、気になる色があればここで絞ると後の選択が楽になりますよ。

特にこだわりがなければ、飛ばしてください。

③ 輝きで決める

ポイントで言うと「照り」の部分。

真珠自体の輝きや重厚感になります。

見た際の第一印象に大きく関わりますので、

大きさ以外にまず優先したいポイントですね。

ちなみに、輝きが少ないものだと、プラスチックパールのような質感になります。

④ 巻きで決める

そのままですが・・ポイントの「巻き」の部分。

まず真珠は真ん中に小さな核があって、その上に真珠層というものが重なって出来ています。

真珠層が厚い=巻きが厚い
真珠層が薄い=巻きが薄い

となり、巻きが厚い程良い真珠になります。

巻きが薄いと劣化が早いのであまりおすすめできないんですね。

照りが良くても、極端に巻きが薄いものは避けたほうが良いです。

③ 見た目の形や傷で決める

ポイントで言うと「形」「キズ」の部分。

真珠は天然物なので全くのキズ(えくぼ)無しで真円、というものはなかなか無く、あっても高いです。

見た目で分からない位のえくぼあり、
見た目は真円だけど厳密には楕円、というようなものは、

一見分からなくてもキズ無し真円に比べるとかなり安くなります。

特にネットショップだと、冠婚葬祭用として傷や形が目立たない程度のものが結構売っていますよ。

あ、もちろんバッチリ傷が見える、見た目あからさまに楕円、というものは冠婚葬祭用としてはNGです。

冠婚葬祭用のパールを選ぶ際のまとめ

まず大きさと色を決める。

そして、傷や形は見た目分からない程度なら妥協して、見た目の輝きや巻きを優先させる。

というのがおすすめです。

冠婚葬祭用の真珠は花珠でないとだめ?

昔、私が最初に真珠を見に行ったお店で
「ご結婚されてこれから使うなら花珠じゃないと!」と、
数十万のものをめちゃめちゃ薦められて逃げ帰ったことがあります(汗)。

確かに本当に美しい真珠でしたが、
実際そんなに人の真珠をじろじろ見ませんし、
セレブの集まりでも無い限り、ある程度のクオリティであれば気にする方はあまりいません。

花珠じゃなければ恥ずかしい、ということは全くありませんので、予算外であれば無理して買うことはないですよ。

スポンサードリンク

冠婚葬祭用の真珠はどこで買うのがおすすめ?

安いのは、断然ネットショップやTVショッピングなのですが、やはり高価な宝石なので、出来れば試着できる店舗で購入するのがお勧めではあります。

天然真珠は一つ一つ色も違うので、付けてみたほうがいいんですよね。

交換返品不可の場合も多いので、似合わなかった場合ちょっと(かなり?)困ります。

とはいえ、デパートやブランド店の場合は質が良いものが多い分値段も高いですよね。

ネットショップの場合、お店によって電話やメール、FAXで相談を受け付けてくれるところもあります。(詳しく相談に乗って頂けるのは問屋さんのネットショップに多い気がします)

真珠の卸屋さん

また、問屋さんによっては一般客にも販売してくれるお店もありますので、可能な方は直接行ってみるといいですね。

ちなみに、私は東京の御徒町(おかちまち)にある問屋「聖和堂」さんで購入しました(こちらもネットショップあり)。

おかち御徒町の真珠卸屋さん聖和堂

※上に書いた「真珠の卸屋さん」も来店可能のようです

問屋さんの場合事務所で対応して頂くことが多く、予約制のところが多いので、確認してから行きましょう。

まとめ

真珠のネックレスは高価な買い物なので、選ぶのに本当に迷ってしまいますよね。

今回の選び方が、少しでもその手助けになれば幸いです。

良いネックレスがみつかりますように!

↓記事がお役に立ちましたら、応援よろしくお願いいたします!ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 , , , , , , ,