mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

寒暖差アレルギーは咳やたんの症状もあり?対策は?病院は何科に行く?

      2016/12/17

 寒暖差アレルギーは咳やたんの症状あり?対策は?病院は何科に行く?原因不明の咳が続いたり、たんが絡んだりすることってありませんか?

もしかしたらそれは寒暖差アレルギーの症状かもしれません。

今回は、あなたのその咳やたんが寒暖差アレルギーが原因であるかのチェックと、寒暖差アレルギーによるものだった場合の対策。

また病院に行く場合はどの診療科に行けばよいのか、をまとめました。

原因不明の咳やたんで悩んでる方は、是非参考にしてください。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーは咳やたんの症状もある?

寒暖差アレルギーとは、主に自律神経の乱れにより起こる病気で、

春や秋などの気温が安定しない季節に、鼻水やくしゃみ、咳が止まらなくなったり、

いつもより頻繁に頭痛が起こったりする症状のことを言います。

また、皮膚に蕁麻疹の症状やかゆみが出る場合もあります。

ただ、現在では暖房や冷房の使用により、夏や冬も屋内と屋外の気温差が激しくなっていますので、季節に限らず年中発症する場合も多いです。

また、寒い時期にお風呂に入った際、発症するという方も多いですね。

咳の症状がひどい場合、たんが絡む場合もありますので、花粉症でもないのにくしゃみや咳が止まらない、という場合は寒暖差アレルギーが原因かもしれませんよ。

普通の風邪や花粉症が原因の咳との見分け方

咳が続く場合でも、本当に風邪をひいているだけ、という場合もありますよね^^;

咳以外の症状で、風邪や花粉症と見分けることもできます。

・鼻水も出ている場合、色は透明か?

普通の風邪の場合は、鼻水が黄色くなります。
透明でさらさらした鼻水のみの場合は、風邪以外の可能性が高いです。

・目の充血、かゆみなどがあるか?

目の充血やかゆみがある場合は、花粉症など別のアレルギーの可能性もあります。

・熱はあるか?

寒暖差アレルギーで熱が出ることはほとんどありません。
熱がある場合は、風邪など別の症状の可能性があります。

・気温の変化の激しいときに発症するか?

気温の変化が激しい朝晩や、暖かいところから急に寒いところに移動した、もしくは逆の場合、に、特に症状がひどいという場合は寒暖差アレルギーの可能性が高いです。

・イライラするか?

寒暖差アレルギーが出る時は、自律神経が乱れていますので、いつもより情緒不安定になったり、イライラする場合も多いです。

寒暖差アレルギーが原因の咳やたんの対策は?

症状を確認して、寒暖差アレルギーの可能性が高いという場合は、寒暖差アレルギーの対策を行えば、咳やたんも落ち着きます。

寒暖の差を出来るだけ少なくする

そのままですが(笑)

シンプルだけど、効果がある方法です。

気温変化の激しい時期は、服を脱ぎ着しやすいものにして、調節する。

急に熱い部屋や寒い部屋、に入ったりせず、暖房や冷房を調節する。

上記のことを気を付けるだけでも、症状を落ち着けることが出来ます。

筋トレ・ストレッチなどの運動をする

筋肉量をUPさせると、身体自身が熱を持つため、急に寒いところに行ったり暑いところに行ったりしても、外気の温度差の影響を受けにくくなります。

筋トレは難しい、という方はストレッチをするだけでも、身体が温まって良いですよ。

身体を温める食事をする

こちらも筋力アップ同様、食事や飲みものを暖かいものにすることで、身体をあたため、外気の影響を受けにくくします。

逆に、冷たい飲み物を好んでとったりすると、身体が冷えますので注意です。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーが原因の咳やたんの場合、病院は何科に行く?

寒暖差アレルギーの対処法は、寒暖差に気を付けること以外は速攻性があまりないので、

どうしても今症状が辛い、という場合は、対処法を行いながら、一時的に薬を飲むのもひとつの手です。

診療科は寒暖差アレルギーの症状にもよりますが、咳の場合は耳鼻咽喉科をおすすめします。

上記の寒暖差アレルギーの症状に当てはまっていても、実は別の病気、という場合も考えられますので、

まずは、いつからどのような症状が続いているか、特にどのような時に症状が出るのか・辛いのか、ということをしっかりメモして医師に伝えるようにしましょう。

病院の薬を飲むと、一時的には症状がおさまりますが、

寒暖差アレルギーの場合、あくまで対処療法(一時的に薬で鼻水や咳を止める)なので、運動などの根本的な対策もしっかり行うようにしましょうね。

まとめ

管理人も、昔寒暖差アレルギーに悩まされていましたが(管理人は蕁麻疹でした)、急に寒い部屋に行かない、運動をする、という対策を行ったことで、だいぶ軽減されましたよ。

皆さんの咳の症状も、早く落ち着くよう願っています!

↓ 記事がお役に立ちましたら、ぜひクリックしてください。応援よろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 健康 ,