mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

卒園式に先生に渡す花は生花?手作り?花束と一輪ずつどちらが良い

   

卒園式に先生に渡す花は生花?手作り?花束と一輪ずつどちらが良い卒園式や謝恩会でのセレモニーの一つ、先生への花贈呈。

子供達や保護者から感謝の気持ちを込めて先生に渡す姿は、感極まるシーンの一つですよね。

ただ、贈る花も、最近は生花だけでなく、子供たちの手作りのお花を渡す場合もあります。

また、代表者が花束を渡すのが以前は一般的でしたが、現在は園児一人が一輪ずつ渡す、など、渡し方も様々です。

それぞれ、メリットデメリットがありますので、

今回は、卒園式で渡す花は生花が良いのか、もしくは手作りが良いのか

また花束で渡すのが良いのか、一人1本ずつ渡す方法が良いのか、をまとめました。

予算やシーン、渡す時間によって、良い方法は変わってきますので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク

卒園式で先生に渡すのは生花?それとも手作りの花?

先生は、感謝の気持ちがこもったものであれば、生花だろうと手作りだろうと、なんでも嬉しいものです。

ただ、贈る側としては、予算や見栄えなど、どちらが良いのか気になるところではありますよね。

それぞれのメリットデメリットをまとめました。

生花

生花のメリットは、やはりゴージャス感があるところですね(セレモニーにぴったり)。

私の友達の園では、手作りの花だけだと見栄えが良くないという理由で、手作りの花+生花、を準備しているところもありました。

ですが、生花でそれなりの花束を渡そうとすると、一束2,000~5,000円はかかってしまいます(一輪ずつ渡す場合は、人数によってもっとかかる場合も)

また、生花は枯れてしまうのが難点ですね。

ブリザードフラワーなど、枯れないお花もありますが、予算も高く、サイズも小さくなってしまいます。

手作りの花

子供達に折り紙で花を作ってもらい、それを花束にして先生にお渡しする方法です。

花の作り方は簡単ですよ^^

折り紙に名前を書いておくと、だれが作成したかわかるので良いですね。

やはり子供達の手作りのものは先生も嬉しいのと、予算的にも安く済むのが魅力です。

枯れないので、後に残すこともできます。

ただ、作ったり集めたりする手間はかかるのと、先に書いたように見栄えという点では生花に比べ、物足りないかな、というところはあります。

スポンサードリンク

卒園式で先生に花を渡す場合は花束が良い?それとも一輪ずつ渡す?

生花でも手作りの花でも、花束にして渡すか、一輪ずつ渡す方によって、ラッピングや、予算、セレモニーにかかる時間(進行)等々が変わってきます。

そのため、生花にするか、手作りの花にするか、だけでなく、先生に渡す際の渡し方も考えておく必要がありますよ。

花束で渡す

一人~数人で代表して、花束を渡す、という昔ながらの渡し方です。

時間が短くて済むというのが一番のメリットですが、特に子供から渡す場合、だれが代表者になるのか、というところでもめる可能性もあります^^;

一輪ずつ渡す

最近多い方法です。

園児が、一輪ずつラッピングした花(もしくはリボンだけつけた花、や、そのまの花)を、一人一本ずつ先生に渡していきます。

一人一人から渡せるので、受け取る先生側も嬉しいのですが、とにかく時間がかかります。

子供達は進行など考えてくれませんので・・場合によってはかなり押すことも。

また、生花で、一本ずつラッピングしている場合は、受け取った後全部開けるのがちょっと大変です。

おすすめの渡し方

渡す人数が多い場合は、やはり卒園式だと時間がかかり過ぎてしまいます。

もし人数が多い場合は、卒園式は代表者に渡してもらい、謝恩会など別の場所で時間を取って、1人1輪ずつ渡すのがおすすめですよ。

謝恩会の出し物の一つとして考えれば、謝恩会の幹事さんの手間も少し減りますね^^

まとめ

卒園式や謝恩会では、だれが代表して何を渡すか、というのは小さいことから決めないといけないので大変ですよね。

花もその一つですが、渡すのに取れる時間や予算などから考えると、どのようにするのが良いのか、ある程度絞ることが出来ると思います。

まずは、予算や渡す際にとれる時間の確認からしてみましょう。

良い卒園式になるといいですね!

↓記事がお役に立ちましたら、応援よろしくお願いいたします!ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 卒業・卒園 , ,