mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

成人式の振袖を購入するかレンタルするかはどうやって決める?メリットデメリットは?

      2016/12/17

成人式の振袖を購入するかレンタルするかはどうやって決める?メリットデメリットは?娘が来年成人式、というお母さんにとって、悩みの種は振袖をどうするかですよね。

買ってあげたくても、振袖は高価なものですし、一回しか着ないならレンタルでも良い気もします。

今回は、成人式の着物を購入したほうがよいのか、レンタルしたほうが良いのか、その決め方や、長い目で見た場合のメリットデメリットについてまとめました。

スポンサードリンク

成人式の振袖を購入するかレンタルするかはどうやって決める?

娘の大事な成人式。出来れば振袖を着て出席してもらいたいですよね。

でも、高価なものだけに、買ってあげるのか良いのか、レンタルでも良いのか迷うところです。

購入もレンタルもそれぞれメリットデメリットはありますが、まずはお嬢さん本人が着物に興味があるのかどうか、

また、現在着たい着物の柄がどのようなものか(若々しい色や柄が良いのどうか)、など、確認するのが第一です。

例えば、お嬢さんが成人式ではピンクのかわいい柄の着物がどうしても着たい!という場合は、独身かつ若い間しか着れないので、その場合はレンタルのほうがお得です。

逆に、着物が好きで、成人式でも落ち着いた色や柄の振袖を着たい、というのであれば、長く何度も着れますので購入してもお得ですよね。

まずはお嬢さんの意向を確かめた上で、購入するかレンタルするか決めるのがおすすめです。

そのためには、まずは購入レンタル関係なく、早い段階からお嬢さんと一緒に呉服店やレンタルショップを見て回るのも良いですよ。

なかなか着物というのは普段触ったり見たりしないものだけに、急に決めるのは難しいですが、何度か見ていくうちに、本人の趣味も分かってきます。

衝動買い(衝動契約)しない様に、まずは下見です!というスタンスを崩さないで下見しましょう(笑)

以下では、購入とレンタルのそれぞれのメリットデメリットをまとめましたので、合わせて参考にしてください。

成人式の振袖を購入する場合のメリットデメリットは?

メリット

・好きな柄が選べる

レンタルであれば、人気の柄はすぐ他の方に抑えられてしまいますし、残っている着物から選ぶ必要が出てきます。

購入であれば、自分の好きな柄を選ぶことが出来ますね。

・自分にあったサイズに出来る

レンタルの場合、背が高すぎる、低すぎる、などの場合、せっかく気に入った着物があってもサイズが合わない場合もあります。

洋服と違い、ある程度補正はききますが、せっかくであれば、自分のサイズにあった着物が着たいですね。

・何度も着れる

卒業式、友人の結婚式、など、その都度振袖を借りることなく何度も着れます。

卒業式は袴を借りるだけで良いですし、結婚式に振袖を着て行くと場が華やかになりますので、喜ばれますよ。

・訪問着に仕立て直せばずっと着られる

色や柄にもよりますが、訪問着に仕立て直せば結婚後もずっと着ることが出来ます。

デメリット

・高価

振袖といってもピンキリですが、やはりそれなりのものとなると数十万以上します。

少しでも安く押さえたい、クラシックな柄が好き、という場合は、中古の振袖だと安く手に入れることもできますので、検討しても良いですね。

・保管場所、維持費が必要

着物の保管には、場所も必要ですが、虫に食われないよう気を使う必要もあります。

また、着る際には着付け費用やクリーニング費用など、着るたびに都度費用は必要です。(毎回1~2万ほど)

呉服店によっては、着付け費用やお手入れ費用をずっと負担してくれる、というお店もあるので、購入する際はお店ごとのサービスも確認しましょう。

・趣味が変わった場合に困る

ずっと着られるという着物ですが、趣味が変わってしまっては着ることもないですよね。

若気の至りで、派手な色や柄を買ってしまったりすると、趣味が変わったり年齢を重ねたときに結局着れないということになってしまいますので、

購入する場合は趣味が変わっても年齢を重ねても大丈夫そうな色柄なのか、吟味する必要があります。

スポンサードリンク

成人式の振袖をレンタルする場合のメリットデメリットは?

メリット

・購入に比べると安い

レンタルでも10万以上する場合もありますが、購入に比べるとずっと安い値段で高価な着物を着ることが出来ます。

レンタルと前撮りがセットで、当日と前撮り時と違う着物を着れるお店もありますので、いくつも着たい着物がある、という場合は、そのようなお店を検討しても良いですね。

・20歳ならではの色柄が選べる

購入して何度も着るわけではないので、20歳の今しか着れないような、かわいい色柄や派手な柄を選ぶことが出来ます。

せっかく振袖を着て成人式に出るのであれば、やっぱり地味な着物より華やかな物がよいですよね。

・保管、維持費用が不要

虫食いに注意したり、保管場所を確保したり、という手間が不要です。

デメリット

・自分の好きな色柄がない場合もある

自分の好きな着物が見つかったとしても、他の方が借りていたら借りることが出来ません。

沢山の候補の中から選びたい場合は、とにかく早めにレンタル予約することをおすすめします。

・サイズ展開が少ない

レンタル品は標準体型に合わせたものが多いため、背が高い、低い、などの場合は選択肢が少ない場合があります。

・今後何度も着る場合は金銭的なメリットが少なくなる

友達の結婚式ではワンピースで良い、という場合でも、学校の卒業式では袴を着たい、というお嬢さんもいると思います。

その際はまたレンタル費用が掛かりますので、トータルしたら実は購入したほうが安かった、とならない様、今後着物を着る可能性のある回数を確認し、総合的な金額を試算しておいたほうが良いです。

まとめ

現在は、半数以上がレンタルを選択しているという成人式の振袖ですが、現在は着物ブームということもあり、徐々に割合が変わってくることも考えられます。

まずはお嬢さん自身の意向や、購入・レンタルの各メリットデメリットを把握した上で、沢山のお店を下見し、お嬢さん本人が気にいる着物を見つけてくださいね!

↓ 記事がお役に立ちましたら、ぜひクリックしてください。応援よろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 成人式