mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

喪中はがきに一言添えるのはマナー違反?メッセージを入れたい場合は?

      2016/11/14

MOTYU身内に不幸があり、喪中はがきを出すことになった場合、はがきに一言メッセージを入れてもいいのかどうか、迷ったことはありませんか?

年賀状だけでやり取りを行っている方には、印刷した定型文をそのまま送るだけでなく、手書きで近況報告などのメッセージを入れたいな、と思う方も多いはず。

でも、それってマナー違反なの?とお悩みの方に、今回は喪中はがきに一言追加して良いのかどうか、追加して良いのはどのようなメッセージなのか、また、喪中はがきの他にメッセージを伝える手段は何か、などをまとめました。

スポンサードリンク

喪中はがきに一言添えるのはマナー違反?

一年以内に近親者に不幸があった際、喪に服するために新年の挨拶を欠くことを事前に知らせる挨拶状が、喪中はがきです。

そのため、喪中はがきに記載すべき内容は、「自分にとって大切な人を失った強い悲しみのため祝い事からは距離を置いています。そのため年賀状の送付も欠礼させて頂きます」という内容になります。

現在は喪中はがきは大体の方が以下のような定型文例を印刷したものを送付していると思いますが、定型文例には喪中はがきに記載すべき内容が全て含まれております。

【定型文例】
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。
○○月××日に祖父○○が**歳にて永眠いたしました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。

そのため、喪中はがきには近況報告など、その他の要件は記載しないのがマナーです。

例外として「先日は葬儀に参列頂きありがとうございました」など、不幸に関することであれば記載しても悪くはありませんが、「また一緒に遊ぼうね!」「子供は元気?」などは書くことができません。

喪中はがきの代わりに一言メッセージを送りたい場合は?

年賀状でしかやり取りをしていない相手には、喪中はがきに何も記載せず送ってしまうと、その年はメッセージのやり取りが何もできない状態になってしまいますよね。

1年に1度は挨拶を行いたいな、と思っていらっしゃる方には、喪中はがきとは別に「寒中見舞い」でメッセージを送ることが出来ます。

寒中見舞いは、寒さが厳しい時期に縁のある方々に送る季節の挨拶状です。
季節の挨拶状のため、喪中であっても出すことが出来、また近況報告などを記載することも全く問題ありません。

また、喪中はがきと寒中見舞いはがきを重複して送ることも問題ないですよ。
友達だけでなく、上司など目上の方に送るのも問題ありません。

寒中とは二十四節気の「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」の間を言いますが、実際に寒中見舞いを送れるのは、松の内があける1月8日から2月3日(立春の前日)までの間になります。

1年に1回のメッセージのやり取りを大事にしたい、という場合は、ぜひ寒中見舞いを送りましょう。

スポンサードリンク

喪中はがきの代わりに送ることが出来る「年始状」とは?

例えば亡くなったのが配偶者の祖父母などで、喪中はがきを送るかどうか迷っている、という場合であれば、喪中はがきではなく「年始状」を送るのも、一言メッセージを添えることが出来る一つの手です。

年始状というのは、東日本震災の翌年から登場した、お祝いの言葉を入れない「年始挨拶状」です。
賀詞のかわりに「新年のご挨拶を申し上げます」などの挨拶文が入っていますので、喪中はがきとまではいかないけれど、年賀状を送るのはどうかな、、と迷っている場合に代用できます。

送る時期は年賀状と同じ時期で構いません。
送る相手も、目上の方など関係なく送ることが可能です。

年始状であれば、一言近況報告を入れても問題ありませんので、亡くなった方が配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者などの「姻族」の場合は検討しても良いかもしれませんね。

まとめ

亡くなった方を偲び喪に服す気持ちがありつつも、やはり年に1回のやり取りには一言近況報告やメッセージを入れたいというのは正直な気持ちですよね。

喪中はがきには基本定型文以外の近況報告は入れられないので、亡くなった方との関係性も考慮し、喪中はがき+寒中見舞い、もしくは年始状でメッセージを伝えるようにしましょう。

もしくは、友達など親しい間柄の方の場合は、クリスマスカードを使うのも良いですね^^
喪中はがきとクリスマスカードは重複OK?一言入れたい場合の文例や注意点は?

関連記事
喪中はがきを出す範囲は?義理の祖父母や兄弟の場合も必要?マナーと現状は?

↓記事がお役に立ちましたら、応援よろしくお願いいたします!ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 生活 , ,