mirumakku情報局

主に30代40代ママ向けのお役立ち情報をまとめています

爪のささくれを予防する方法とケア方法をそれぞれ3つ厳選!

      2017/01/16

爪のささくれのケアで効果抜群の方法3つ!秋以降、空気が乾燥してくると、特に悩まされる爪のささくれ。

一度出来てしまうと、きになってどんどん剥いでしまうのでなかなか治らず、見た目も悪いし、最終的には腫れたりと悪循環に・・。

そんな状態になる前に、今年こそささくれが出来ないように予防、ケアしたいですよね。

今回は、ささくれが出来ないよう予防・ケアする方法についてまとめました。

今年の冬は、綺麗な手で過ごしましょう!

スポンサードリンク

爪のささくれを予防するための3つの大事な方法は?

1.指、爪の保湿

基本ですが、何より大事です!乾燥大敵!

ざっと手全体にハンドクリームを塗るだけ、という方が多いのですが、

ささくれが出来やすい爪や指先部分は、オイルやハンドクリームを塗って、マッサージすると血行がよくなり保湿成分が浸透しやすくなります。

爪専用のオイルを使うと更に良いですね。

出来るだけ、こまめに何度もつけましょう。

気にならない方は、夜、保湿をした後、綿の手袋をして寝るのが一番効果的です。

もし日中、少し荒れたりささくれが出来たりした場合も、軽度であれば1日で治ることもありますよ。

2.指、爪の保護

食器洗い洗剤など、素手で使うと手が荒れて、更に乾燥させてしまいます。

さかむけだけでなく、手湿疹などの原因にもなりますので、洗剤を使用したり、水を使って掃除する場合などは、手袋を必ずするようにしましょう。

3.ビタミンCの摂取

ビタミンC不足は、ささくれが発生する大きな原因になります。

普段外食が多い、不規則な生活をしている、などの場合は、特にビタミンCを積極的に摂取しましょう。

他にもコラーゲン、ビタミンA、E、ミネラル、など、ささくれ予防に効果のある栄養素はたくさんありますが、まずはビタミンCが取りやすく、効果も高いのでおすすめです。

スポンサードリンク

爪のささくれのケアで効果抜群の方法3つ!

1.甘皮のケア

甘皮の部分から乾燥してささくれになってしまうことが多いです。

甘皮を除去するとささむけの予防だけでなく、指を綺麗に見せる効果もあるので、出来るだけ処理しましょう。

ただ、やり過ぎると逆に傷をつけて、傷の部分がささくれになってしまいますので、自分では難しい、という場合は、ネイルサロンでケアするのもおすすめです。

ケアだけだと、2,000円台から可能ですよ。

動画を見て練習するのもおすすめです。

2.爪の栄養剤を塗る

ドクターネイルなど、爪を強化するための美容液が多く売っています。

元々、爪を強化することが目的のものですが、塗っていると爪が強くなるだけでなく、ささくれが少なくなったという口コミも多くあります。

爪も強くなって、ささむけも良くなれば一石二鳥ですね!

ただし、さかむけの状態がひどい場合などは、使用を控えるようにしましょう。

3.ネイルはジェルネイル

通常のネイルだと、やはり爪やその周りの皮膚に負担を与えてしまいます。

ネイルを行わないのが一番ですが、ネイルをするのであれば、ジェルネイルであれば、甘皮の処理などもサロンで行えますので良いですね。

綺麗な爪にすることで、それを維持しようと、いつもより保湿などをちゃんとするという行動にも繋がりますよ^^

まとめ

さかむけは、一度出来てしまうとどうしてもどんどん悪化してしまいますよね。

気になって仕事中や勉強中に剥がしまくったりと・・。

自分の手が荒れるだけでなく、みている方にも不快感を与えてしまいますので、しっかり予防・ケアして美しい手を維持しましょうね!

既にささむけ出来てしまった!という方や、腫れて痛みまである!という方は、以下の記事もぜひ参考にしてください。早くよくなりますように!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

 - 美容 ,